FC2ブログ

クワユウキの「あ、やっちゃいましたね。」

「掲示板だけなんて、こざっぱりしてステキ!」と一人悦に入っていたが、突然バナーが置きたくなりHPスタート!と思ったら結構難しく、速攻で妥協ブログへ変更。

私らが子供のころのドラキュラってのは、別に他の怪物と戦ったり、一族でどうのってなかったですよね。

単純にきれいなネーチャンの血をチューチューしてて、たまに戦うとしたら神父さんでしょ。

要するに、「前提として人間では敵わない、神様だずげで~。」だったわけですよ。



最近はドラキュラ同士、もしくは狼男と戦うなんてのが流行みたいで。

しかしそうなるとですね、CG使ったりできるんで迫力はあるんですが、逆にスト-リーとしては「どっちが力が強いか。」ってことになってくるわけですな。
スクリーンに表せない「なんかわかんないけど怖い。」って感じがしなくなるんですよね。


だいたい血を吸われたらドラキュラになるなんつーのは、怖さ半減ですよ。
そういう怖さを出そうと思ったら、ニンニクとか十字架とかもちょっとだけは効き目を持たせたほうがリアリティがあるわけです。

「わははは、ニンニクや十字架が効くのは映画の中だけだぁ、ゲハハハ」

とか言われた日には、どっかからスーパーマン連れてこないとダメなわけで、もうなんかシラーですよ、シラー。







ま、何が言いたいかというとですね、映画も気をつけないと、この記事みたいに、何がいいたいのかわからなくなりますよ、と。






スポンサーサイト




久しぶりに映画みましたー。

なんとかジャクソンとオリンパスの神々。 カシャッ 

・・・




ヘンにひねってないんで素直に見れる映画でしたね。

パンフレットみたら、どうも5部作のうちの1作目みたいで。

まあ・・・そんな感じの映画です。



映画業界もネタがないんでしょうなぁ、たまにヒット作があると、もう吸いカスになるまで続編作りますからね。

ハリーポッターみたいにならないよう、素早く残りの作品も完成させてほしいもんですな。